賢人日記

日常をゆるく賢く切り取っていきます

空白は大事

 時間にしろ、空間にしろ空白は大事だと思う。時間的な余白は言うまでもない。スケジュールを詰め込みすぎると、予定をオーバーした時のリカバリーが効かないし、何よりスケジュールが埋まりすぎるとストレスも増える。

 空間的な空白が大事な理由は、人は多くのものに囲まれるとそれだけ脳のワーキングメモリを消費し、注意力が低下するからだ。職場でも雑然としたデスクで仕事をするより、片付いたデスクで仕事をする方が明らかに生産性が高いだろう。もう一つ重要なことは空白が少ない部屋は物が多いため、捜し物に費やす時間が長くなることだ。探し物にかかる時間は物の多さに比例すると思う。狭い家でも空白が多いと、広く見えるし、何より物の多さに伴うストレスが減るため、クオリティオブライフはまちがいなく高まる。

 空白を作るコツはまず複雑になっているところから空白を作ることだ。予定が集中している時間帯があればその中でやめても良いことを考えてみることだ。また、空間の余白を確保する場合もごちゃごちゃして、自分が嫌だと感じるスペースのものを選別し、できればその物は捨ててしまうことが望ましい。時間にしろ、空間にしろ、不要なものは捨てていくことが一番重要だと思う。