賢人日記

日常をゆるく賢く切り取っていきます

おっさんになることを認める

人間はバイアスがかかり、自分がいつまでも若いと思ってしまうことがある。もちろん、ある程度はそういう意識も大事だとは思うが、行きすぎると自分のキャパを超えたことに挑戦し、痛い目を見ることになる。例えば、年甲斐もなく、若い人に混じって、スポーツをしたりすると、あるアクシデントで肉離れを起こしたりする。また、無理して若い人の真似をしてみても、年相応のファッションではないので、浮いていたりすることもあるだろう。そういう意味でも年相応に年齢を重ねていくのは非常に大事だと思う。ある程度は自分の老いを認めるとそのための対処法を練ることもできるだろう。健康に気を使い、食べるものを注意したり、休日は体のメンテナンスを行うことに集中したり、ファッションも年相応のダンディなものに変えて見るなどだ。体の老化は主観的なレベルでは¥ない、と感じていても確実に20代の時よりは老化している。30代、40代の過ごし方により、その後の人生の満足度が大いに変わることはありうるので、30代以上になれば、自分をおっさんであることを認めることが大事だ。