賢人日記

日常をゆるく賢く切り取っていきます

IT機器の使い分け

皆さんの中にはガジェットは何に使うべきかわからない、という人もいるだろう。ガジェットは欲しいと思った時点で、自分なりの使い方がそれぞれあるだろうと思うが、ここでは個人的によいと思った使い方を記しておく。

まず、スマホは電話、LINE等、人と連絡を取る手段として使っている。そして、簡易的なメモや、簡易的な情報収集、例えばFeedlysmartnewsで見出しをチェックしたり、といった用途だ。基本的にスマホは小さく、軽いので、荷物としては最適である。その分、画面が小さかったり、PCに比べると性能が落ちたりするため、本格的に何かをするには向いてないとも思う。

次にタブレットだが、タブレットは画面がそこそこ大きいため、動画を見るのに向いていると思う。そのため、各種動画をダウンロードしたり、PDFを見たりとビューアとして使うのが最適だ。他にも電子書籍や電子版の雑誌を見るのにも向いている。しかし、文章を書いたり、プレゼンをしたり、計算をしたり、といった用途は向いていないと思う。タブレットはタッチ操作がメインのため、そういったキーボードを要する作業は向いていない。あくまでゲームや、ビューアとしてのエンタメマシンであると思う。

最後にPCだが、PCはあらゆることができるオールラウンドプレーヤーだ。動画を見たり、文書作成したり、表計算をさせたり、ゲームをすることも出来る。ただし、オールラウンドであるがゆえに、使い勝手は他の機器に比べると悪いことが多い。但し、処理性能は他のものに比べると高いことが多い。高度な処理を要するものや、仕事での用途に向いていると言えるし、アウトプットを生み出すにはPCが最適であろう。

基本的には全て持っておくと、他の機器の弱点をカバーでき、より生産的な使い方ができるので、経済的に余裕のある方はやすいものやすいものでいいので、一通りそろえておくことをおすすめします。