賢人日記

日常をゆるく賢く切り取っていきます

ミニマリストと相性がいいもの

 最近、ミニマリストにはまっているが、その中で気づいたことがある。それはミニマリストと相性がいいものがあることだ。例えば、レンタルを含むシェア生活はミニマリスト相性がいい。物を所有しないという一番、ミニマリズムに重要なことを実現出来るからだ。そういう意味ではツタヤや、図書館は相性がいいといえる。

 その次は、場所を提供するビジネスだ。ミニマリストは物を家に置かない代わりに、外のもので代用する。例えば、友達とちょっと話がしたくなったら、カフェに行くだろう。家に風呂がないミニマリストは銭湯や温泉施設に行くだろう。車を所有しないミニマリストはレンタカーで新たな場所を手に入れる。

 他にも家事の時短という意味でもミニマリストは相性がいい。ミニマリストの中には必要最低限の回数、例えば1日に1食という人もいる。それは料理を作る時間や、炊事の時間を節約出来る。また、風呂で頭を洗うのにもシャンプーを使わないミニマリストもいる。ミニマリストは必要最低限のことしかしない人が多い。そういう人は家事にかかる物量も少なくなるので、必然的に買い物に時間を取られることが少なくなる。そういう意味でもミニマリストは時短と相性が良いといえる。

 他にも考えてみるとあるかもしれないが、今日はこの程度にしておこうと思う。