賢人日記

日常をゆるく賢く切り取っていきます

ソフトに投資する

ミレニアル世代を筆頭に若い世代は節約重視傾向である。但し何でもお金をかけないというわけではない。彼らはものには基本的にお金をかけないが、ソフトにはお金をかける。つまり家電はスマホなど必要最低限のものを購入し、あとはHULU等の動画サービスや、Uberなどの宅配サービスや、旅行にお金を使ったりする。目に見えるものでなく、上質なサービスにお金をかける傾向である。それは旧来の企業にとってはある意味チャンスでもある。つまりそういったサービスを自社のメインに転換すればそういった若い世代が将来の主要顧客となりうるからだ。良質なサービスを提供するプラットホームとしてはやはりネットが最適である。ネット上で良質なサービスやコンテンツを提供することはそれほどお金もかからないし、これからの若い世代が求めるところでもあるからだ。