賢人日記

日常をゆるく賢く切り取っていきます

家族を持つことの意味

最近独身の男女が増えている。一人が自由なのは確かに認める。お金も時間も自分の好きなように使えるからだ。自分のやりたいようにやれるのは独身の醍醐味だといえる。しかし、それは同時に自分一人にすべてがのしかかってくることでもある。例えば好き勝手やって、病気になったりしても結局は自分一人でなんとかしなくてはならない。これは恐ろしく大変なことだ。病気というのは基本的に独力で何とかなるたぐいのものではないからだ。動けなくなるリスクを考えると、世話をして助けてくれる人が必要になる。家族がいれば、誰かがそれをやってくれる。マンパワーにしろ、お金に白。そういう意味では家族をもつというのは株式取引の分散投資に似ている。誰がダメになっても、他でカバーするというリスク分散が可能になるのである。副次的なことをいえば、情報源としても分散していると色々と人生を生きていく上では有利になる。家族をもつことは人生ゲームを攻略する上では必要なものである。(ただし、相性が良いことが条件だ。金を持っている、イケメンである、というのはそれほど重要ではない。)