賢人日記

日常をゆるく賢く切り取っていきます

ワックスの使い分け

個人的にメンズワックス、スプレーの使い方について色々調べてみたので書いてみる。

◯ファイバー系:束感めちゃ出る。細束もOK。ただし、ファイバーが入っているので、重くなり、セットが長続きしない。代表はナカノなど。

 

◯クリーム系:伸びがいい標準的なワックス。セットのむらがなくなる。セット力はファイバーに及ばないことが多い。その代わり、ファイバーよりはキープ力があることが多い。代表はアリミノピース、プレジュームなど

 

◯マット系:ものによっては束感出しやすい。どちらかというと立ち上げて、バサバサした髪型に向いている。ナチュラルな髪型も作りやすい。セット力、キープ力もあるため、メンズは特に使いやすい。代表はデューサー6,ウェーボのグレーなど

 

◯グリース、ジェル系:濡れたようなつやを出すのに向いた整髪料。水性のため、セット力がそれ程ない。ただし、濡れた質感を出せるため、きれいな束感を出せる。それほどつけなくても動きは出せる。キープにはスプレーが必要。代表はクールグリースなど。

 

ファイバーとかクリーム、等セット力が弱いものは必ずスプレーで固めた方が良い。スプレーはガチガチに固まるものと、手ぐしで直せるタイプ2種類を用意する方が良い。ワックスのキープ力が弱いものは強いスプレーでがちがちに固める事。固めるスプレーの代表はVO5,ケープ、ミニーレ、トリエ10など。柔らかめのスプレーの代表としては、トリエ8,アリミノスパイスシスターズになると思う。